2015年05月18日

貧血とむずむず脚症候群

むずむず脚症候群って知っていますか?

最初、この名前を聞いたとき何コレ?と思いました。

しかし、このむずむず脚症候群、なってみるととっても辛い症状に悩まされるのです。

むずむず脚症候群はその名の通り足がむずむずする症状を呈します。

皮膚が痒いとか、表面的なものではなくて、もっと深部の足の内部がむずむずしたり、ほてったり
といった不快感が現れます。

しかも、その不快な症状は特に夕方から夜にかけて起こることが多く足を動かしたくなったり
じっとしていられなくなってしまいます。

特に、夜寝ようとしたときにこの症状が出ると寝れなくなったり、睡眠不足から、日中の活動にも影響
を及ぼしてしまいます。

この原因のひとつとして挙げられるのが、鉄欠乏性貧血の人だといわれています。

鉄欠乏性貧血は、血中の鉄分の量が減ってしまうわけですが、この鉄が不足すると
神経伝達物質のドーパミンの分泌量が減少して発症するとも考えられています。

このむずむず脚症候群、鉄欠乏性貧血の人だけでなく妊娠中や生理中の血液が不足しがちのときにも現れやすいといわれています。


posted by あいたん at 18:35| 貧血とむずむず脚症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。